志賀スキー行


槍・穂高あたり2009年12月29日。焼額山から。右から、燕・槍ヶ岳・奥穂高・前穂高・蝶・乗鞍。

今シーズンの初すべり。志賀も今年は雪が遅くて心配していた。予想通り雪は少なく、雪質も今一歩。それでもほぼ全面、普通に滑れるところが志賀の良いところ。
ぶな平の宿はゲレンデの中。発哺に車を止めて、雪上車で迎えに来てくれる。
27日は午後から。天気が良くて焼額・奥志賀まで足を伸ばした。
28日は曇り時々雪、ガスが出て視界は今一歩。それでも西館山・高天原・一ノ瀬・寺子屋・東館山を廻り歩く。お昼はお約束のカレー。11時半に行ったらぎりぎりセーフで、その後に来た人たちは待ちが長い。
今日29日は朝曇り。残念な気持ちでぶな平を滑り下り東館山のゴンドラを登っているうちに晴れ上がり始める。頂上に着いたころには快晴。横手山に行こうと一ノ瀬を下り、シャトルバスに並んだが硯川まででも1時間かかることが分かり断念。横手山山頂のパンは食べそこなった。奥志賀・焼額をメインに滑る。28日の雪で雪質が良くなり、疲れた脚にも滑りやすい。岩菅山・寺子屋山・横手山はもちろん、浅間山・北アルプスがくっきり見えて、山を眺めているだけで飽きることがない。お昼は奥志賀レストラン。少し高いがゆったりくつろげる。帰路は寺子屋で少し滑り、東館山を下る。疲れ切ってしまったのでオリンピックコースは敬遠し、ツアーコースを惜しむように滑った。宿から発哺の駐車場へは今度はスノーモビルで運んでくれる。楽しい3日だった。

志賀スキー行」への2件のフィードバック

  1. Unknown
    よく滑り、よく飲んだ2.5日間でした。
    志賀はいいですねー。とても楽しかったです。
    手配や準備など何から何までありがとうございました。
    また行きましょう!

  2. 今年の締めくくりに最高
    志賀ファンが増えて心強いです。
    次は人数を揃えて行きたいですね。
    また企画するのでヨロシク!

コメントは受け付けていません。