スイム


白馬岳付近2009年12月29日志賀高原寺子屋山から。右から戸隠・小蓮華・白馬・飯綱・杓子・鑓・唐松岳が見えている。

昨日は東京体育館13時集合でスイム。
暖かで、プールの前に買い物に行った神保町界隈はのんびり散歩気分。どの本屋にも売っていなかった、山と高原地図「箱根」がやっと買えた。ついでに 年末に行った笹子あたりが載っている「大菩薩」も購入する。カシミールの地図(国土地理院の地図)の登山路はあまりメンテされていないので、新しい地図は欠かせない。12月に行った芦ノ湖畔からスカイラインに登る道は、地図イメージに痕跡はあるが、点線ルートにもなっていない。廃道になってしまったようだ。東京体育館玄関すぐの所にはカフェができている。暖かな中庭でコーヒーを飲みながら買ったばかりの地図を広げて、次に登る山に思いを馳せる。11日に登る予定の笹子雁ヶ腹摺山の他に、牛奥ノ雁ヶ腹摺山と雁ヶ腹摺山とが同じ地図に載っている。3つ目の雁ヶ腹摺山は500円札の富士山を撮影した山と書いてある。
プールは空いていた。明るいしのびのび泳げて気持ち良い。板キック500m、プルブイストローク500m、6ビートのコンビネーション500mくらい。
スイムの後、東京厨房千駄ヶ谷店で遅い昼食と言うか早い夕食を摂る。のんびりした一日だった。

広告