笹子雁ヶ腹摺山トレイルラン


富士山方面2010年1月11日笹子雁ヶ腹摺山から。

昨日は、笹子から昨年12月23日に登った本社ヶ丸山からの下りを逆方向に大沢山に登り、そこからボッコノ頭、大洞山、カヤノキビラノ頭、中尾根ノ頭、笹子峠、笹子雁ヶ腹摺山をめぐる。とにかく寒い。とりつきの急坂を登っても登っても温まらない。ところどころ薄雪が残っている。滑ってこまることはほとんどないが寒い。大沢山からは痩せ尾根、下り基調で吹く風の冷たさに驚く。ハイドレーションの吸い口付近が凍ってしまっていることもしばしば。カヤノキビラノ頭まで来ると日も当たり少し暖かい。お昼には例によってお湯を沸かし、カップヌードルとコーヒー。暖かいものが何よりのご馳走。小枝がうるさい道ではあるがトレイルランには面白いコースだった。約17km累積標高1784m。
ランの後は、再びの笹一酒造。蔵元ならではの1升瓶を、おおまけのイカ、ホタテの燻製、干しイモ、ちりめんジャコをつまみに美味しくいただく。ほろ酔いを少し通り過ぎて八王子の稲荷湯へ。引き続き豚チキ。

広告