早戸大滝


2010年1月23日。

昨日は滝見のトレイルラン。青根に車をおいて、平丸から東海自然歩道に上がる。黍殻山を巻いた先から大平に下り、さらに崖を早戸川に下る。本来点線の道があるところ、見つけられず沢筋を降りたので難儀する。予定を1時間超過。早戸川沿いの上りは渡渉が多かった。道も分かりにくい。雷平から先は、狭い所を渡るのも大変。たいてい丸木を渡してあるが、それが滑る。岩も凍っているのが滑るし、動く。3回も足を水に漬けてしまった。ゴアテックスのトレイルランシューズを奮発しておいてつくづく良かった。靴の中はほとんど水に濡れずに済んだ。予定をさらに1時間超過してやっとたどり着く。
早戸大滝は素晴らしい。高さ50mから落ちてくる水は氷るように冷たい。途中には透き通った氷の屏風ができている。カメラ片手に横着をしたら足を滑らせ、ここでは腰から水に落ちてしまった。
帰路、伝道から東丹沢トレイルレースのコースを榛ノ木丸経由で姫次下に登るつもりが、入り口が見つからない。伐採が進んだ尾根筋を見つけて登る。意外に登り易く、途中から探していたコースに出ることができた。日暮れが迫っていたので、これがなければ宮ヶ瀬に出て交通機関を探すことになりそうだった。平丸への下りは日が暮れてしまったので、どんどん暗くなる。かろうじてライトなしで平丸に着いた。
癒しの湯で汗を流し、熱燗で温まる。笹一酒造の酒だった。

広告