雪の塔ノ岳・鍋割山


すっかり雪道2010年2月6日駒止茶屋の手前にて。

昨日は渋沢駅で拾ってもらって大倉から塔ノ岳・鍋割山を巡る。大倉尾根を登り始めて1時間ほど、駒止茶屋の手前あたりからトレイルは雪道になる。登山客が多くて踏みしめられているのでトレイルシューズで楽々登れる。塔ノ岳までアイゼンを使わずに登ってしまった。ところどころ風が強くて飛ばされてくる雪が顔に当たって痛い。体感温度が低いのでダウンのベスト、ジャンパーを着込んで登った。尊仏小屋で暖を取りながら小休憩。猫の隣に座って甘酒で冷えた身体を温める。初めてアイゼンを着けて鍋割山を目指す。雪が軟らかなので歩きやすい。痩せ尾根はところどころ強風が吹いている。雪が深いところもあって面白い。鍋割山荘で念願の鍋焼きうどんにありつく。土鍋に生めん、味噌味の出汁もしっかりしている。カボチャの天ぷらで本格的なものだった。ボリュームたっぷりで大満足。帰路は後沢乗越から二股へ降りて林道を4kmほど走って大倉に戻る。アイゼンをはずすタイミングが難しい。はずしてしばらくはまだ雪が残る道を降りた。
秦野農協がやっている産直ショップ「じばさんず」を冷かして、鶴巻温泉の弘法の里湯で露天風呂を堪能。鶴巻温泉の陣屋は将棋名人戦の舞台になるので名前だけ知っていたのだが、やっと地理が分かった。

広告