ニッコウキスゲ


2010年5月22日合歓の木の庭にて。

広告

ニッコウキスゲ」への2件のフィードバック

  1. 目を引く花です
    いま、ねむの木の庭で一番目をひくはな。
    目線がどうしても左前方に行く、ねむの木に向かって歩くと先ず目に飛び込んでくる、混じりっけのない美しい黄色。

    「ニッコウ」という名前のつく百合、東京で普通に咲いている。

  2. 夏が来れば思い出す
    37年前、7月の尾瀬で大群落を見たのが最初でした。夏が来れば思い出す花だったのです。季節が違うのが面白い。花はもっと小振りだった印象です。都内で見ると目立ちますね。

コメントは受け付けていません。