ケイトウ


2010年9月6日佐渡佐和田地区にて。

佐渡国際トライアスロン覚え。
前日、輪行で東京から新潟へ、約3時間。新潟駅から佐渡汽船ターミナルへはバイク自走。2.5km約20分。ジェットフォイルは新潟港・両津港間が約1時間。これも輪行。両津で輪行解除して佐和田までは自走16km約40分。これはずっと引いてもらったので結構早い。宿は寝室3部屋の1軒屋を6人で借りた。会場まで5分くらい。この日は温泉に連れて行ってもらう。18時30くらいから夕食。部屋に戻り、準備を終えて寝たのは21時くらい。
大会当日、Bタイプは4時起きで良かったが、Aタイプに出る仲間は3時起き。つられて目を覚ます。4時過ぎから朝食。5時前にはトイレを済ませて会場へ。バイクセッティングの後、最終受け付けでアンクルバンドをもらい、マーキングを受ける。6時、Aタイプのスタートを見送る。ウェットに着替え、6時15分ころスタートエリアに入りスイムのウォームアップ。スタートエリアに入るのがスイムチェックになっていて、以後、スタートエリアから出ることはできない。6時半にウォームアップ終了。40分国際レース男子スタートを見送り、45分同女子スタート見送り。ほどもなくスタート時刻の7時になる。
ゴール後はすぐに片づけ。宿に戻りシャワーを浴び、夕食を食べてAタイプのゴールを待つ。二人ともだいたい予定の時間にゴール。宿に戻って21時くらい。簡単な完走祝いをして就寝。
翌日、両津への帰路は仲間の親戚がたまたま車で来てくれて送ってもらう。輪行で11時半のジェットフォイルに乗り、新潟港から新潟駅へはバイク自走で15分くらい。ジェットフォイル到着から新幹線には1時間あれば乗り継ぎが可能。14時過ぎのトキで東京へ。17時くらいには帰宅できた。
荷物は車で行った仲間に40リットルのザックを運んでもらう。輪行にはランシューズと少しの着替えの入ったザックを持っていった。思ったほど荷物は多くない。

広告