まちがい栄養学
クリエーター情報なし
毎日新聞社

・お米は安心して食べなさい。パンに勝るとも劣らない。

米食とパン食、和食と洋食として対比するなら、前者が優れている。

・米産地に脳出血が多いのは、年間を通じた総合的な食生活の課題。

・日本の風土にパンは向かない。グルテンが少ない。強力粉ができにくい。

・食生活の原点は、年齢ごとに自力で狩猟採集可能な食材を食すこと。

・自然の味にこそ真の風味がある。

・玄米は消化吸収率が低い。87パーセントしか吸収しない。白米は4%を糠にしているが、98%吸収する。

・骨から内臓まで全体食が理想。小魚を丸ごと食する漁村出身者の体躯が優れていた。

・魚は肉より(海産物は農産物より)栄養がある。ミネラルが豊富。兵糧食として比較試験をした結果。

海のしぶきを浴びるような土地は痩せることがない。

・さんまは天恵の栄養食品。海面のプランクトンを広範囲に食べるので、内臓まできれいで美味しい。

骨もやわらかい。焼いて食べること。髄にも他にない栄養分がある。

・青菜不足は健康を害する。

・乳と果実だけは食されるようにできている。但し、乳はビタミンEがなく性欲を抑える。

・卵は栄養素の塊であるが、食べ過ぎは老衰を早める。老年者はコレステロールの取りすぎに注意。

肉・卵は硫黄・燐・窒素を多く含む酸性食品で、中和するためカルシウムを一緒に摂る必要がある。

・チーズよりも豆腐。

・白い野菜より青菜。

・豆ももやしにするとビタミンCができる。

・「玄米4合に少しの野菜」は多くの青菜にすべきだった。

・カルシウムの不足は気が荒くなる。

・食物繊維を多く摂ること。肉食は体内で腐敗臭を発し、全身を巡る。快便で排泄を促す必要がある。

 ・食塩は摂りすぎてはいけないが、欠かすことはできない。大人は日に15グラムが必要。

・精製した白砂糖には黒砂糖のミネラルがなくなっている。

・梅干はクエン酸が豊富で、クレーブス回路の主役を演じる。

・ミカンのビタミンは皮の方に多く含まれている。ビタミンCは皮に150ミリグラム、身に40ミリグラム、各100gあたり。

・ニンニクのアリシンはビタミンB1と結びついて効力を高め、ビタミンB1の吸収も助ける。

・食事をしたらすぐ牛になれ。胃の消化活動中は血流が胃に集中する。胃袋の食物の大部分が腸に移動してから行動すべき。また、ヒトは直立姿勢のため、胃が下がりやすいのも問題。

・葉緑素とヘモグロビンは4つのピロール核から構成され、中がマグネシウムなのが葉緑素、鉄なのがヘモグロビン。血色素を増やすためには青菜を食べる必要がある。

・欧米食が増え、日本にも肥満が増えてきた。

・日本は水に恵まれている。水を生かした料理を続けるのが良い。

・栄養学も万人に通じるものばかりでない。処方箋的栄養学が必要である。欧米人と日本人、環境の違いを反映しないといけない。年齢による差異も大きい。

・玄米食は野菜を十分に摂ることができる人なら勧められる。

広告

まちがい栄養学