スマートTV

ハナモモ2013年3月20日中目黒公園にて。

 

撮りためた写真やビデオを観たり、BGMを流すのに、TVを使えると良い。

DLNAを使って簡単に機能は実現できる。

そのはずだが、所有のTV、VTR、DLNAサーバでは動作が遅く、コントロールが不自由でとても使えたものでない。

アップルTVに期待して、接続してみると、機能・性能はかなり好い線を言っている。

それでも、リモートコントローラでの操作が貧弱で、結局使わなくなってしまった。

やはりキーボードなしでは不自由でしょうがない。PCを使うのがベストなよう。

幸いTVはVGAのPC入力を持っているので、Windowsパソコンを接続することにした。これは使える。

メディアプレイヤを使うのでDLNAも使えるが、相性の悪いのもある。結局、PCの素の機能で足りてしまう。

が、PCを使う机と、TVは離れている。

普段は使わないサーバマシンをTVの傍に置いて使うことにしたのだが、これがうるさい。

常時使う気になれなくて、すぐに使わなくなってしまった。

ZOTACのZBOXと言うミニPCがこの用途に良さそうなので、試しに一番安いモデルを買ってみた。

“ZOTAC VIA Nano X2 U4025 CPU搭載 コンパクトベアボーンPC ZBOXNANO- VD01”

“シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600)4GB ブリスターパッケージ SP004GBSTU133V02”

“シリコンパワー 2.5インチSolid State Disk 高速転送 SATA(SATAI/II)準拠 64GB MLCチップ採用 紙箱 SP064GBSS2T10S25”

ハードは以上で23000円也。

これが動きそうで、いろいろが、なかなか動かない。

BIOSのセッティングが最初の問題なのだが、なかなか解決しない。

やっと動いたと思っても、映像の再生ができない、などなど。

それでも、スライドショー、BGM、インタ=ネットラジオが快適に使える。

ビデオなしなのでスマートTVとは言い難いが望みの使い方に近づいている。

昨年10月からはこの状態で使っていた。

昨日、S3のサイトでやっとWindows8に対応するビデオドライバを発見。

昨年11月にリリースされていたようだ。

あると思って探していれば探せたのだろう。

これを試したらビデオ再生もOK。

撮りためたビデオ、ネットビデオが簡単に再生できる。

録画ビデオが観れるようになるのかはまだ不明。

ZBOXはPCとしても普通に使える性能がある。

無線LANを内臓し、ブルートゥース、メディアカード、赤外線リモコンもある。

メディアカードと赤外線リモコンまだ動いていないが、使い道は広そうだ。

 

広告