相対性理論 (講談社基礎物理学シリーズ)
クリエーター情報なし
講談社

COBE衛星の観測から、太陽系は370km/sで運動しており、銀河系は550km/sで運動していることが明らかになっている。
絶対静止系に最も近い、宇宙マイクロ波背景輻射に対する速度になる。
光速は30万km/sだから3桁しか違わない。もしガリレイの相対論が正しかったなら、方向による光の速度差は容易に観測できるに違いない。
昔から気になっていた数値。
ちなみに、自転速度は4.6km/s、地球の公転速度は29km/s、太陽系の銀河系中心に対する公転速度は220km/s。

広告

相対性理論 (講談社基礎物理学シリーズ)