志賀高原池めぐり


2013年8月6日

 
 

雨の予報の中、大沼池で引き返すつもりで、清水公園に車を置いて歩き始める。

10時ちょうどくらい。

始めは山道だがすぐに林道になる。約4km、200mの登り。

大沼池には11時15分くらい。少し行けばレストハウスがあって蕎麦が食べられると言うので、もう少し足を延ばすことにする。


空が明るくなると、池が青く浮かび上がってくる。

レストハウスには11時50分くらい。

手打ちの蕎麦、田舎仕立ての少し甘いつゆが美味しい。

空が明るくなり、雨の心配は少なくなったので、さらに硯川あたりまで足を延ばすことに。

12時20分頃再スタートし、13時ころ四十八池。約2km、200mの登り。


後は下り一方。約2kmで渋池、13時50分ころ。

少し休んでいたら志賀高原の主然とした方が追い付いてきて、大沼池入口まで歩いても大したことはないと、勧めてくれる。

ひょうたん池までは簡単で、その後、木戸池までは山道が雨で荒れているが、手袋があれば大丈夫だろうとのこと。

14時10分、ひょうたん池。


渋池から木戸池までは約2km。

14時40分、木戸池からは少し国道を歩き、14時55分、三角池から再び山道に入る。

長池を過ぎ、15時20分頃、信大自然園に。木戸池から約2km。

ここからの道は少し分かりにくい。

ジャイアントゲレンデの上に出て、清水公園への道標を頼りに、人があまり入っていなそうな山道を行く。

峠を越えて下りに入るところから、木道が整備されているのだが、雨で濡れていて滑りやすい。


信大自然園から約2km。16時ちょうどくらいに清水公園に着いた。

トータル14km、標高差400mくらい。

池沼がたくさんあって見どころ満載。

雨にやられることもなく、楽しい行程だった。

  

広告