リオ 朝焼け

2016年9月6日ペードラ・ダ・ガーヴェア

まだ時差ぼけが残っている。昨夜は部屋飲みで遅かったのに、朝早くに目覚めた。朝焼けがきれいだ。

一昨日の昼はショッピングセンターでファストフードのスパゲッティ。出来合いの食材を炒めるだけになっていて、まずまずの味。ショッピングセンター近くの大規模スーパで必要なものは安く調達できる。ビールが安い。好きな人にはお得なことだ。昨夜はホテル近くのピザ屋でマルゲリータを食べた。サクサクとした生地でこれは美味しい、お勧め。

ところでホテルはなかなか落ち着かせてくれない。部屋のシャワースペースはガラスの引き戸の合わせ目が広く開いていて、水が外に漏れ出てしまう。自分が何か失敗したようで後ろめたい気になってしまう。予約は日本で聞いていたのと違うクラスで取られていたなど、旅行代理店とすったもんださせられてしまった。これは代理店の責めに帰すべきかもしれないし、結局日本で聞いてきた扱いになったので、ホテルの対応に感謝すべきかもしれない。その後、インタネットのアクセスが設定されていなかったり、朝食のリストが訂正されていなかったりと、やっぱりいただけない。今日は帰ってみると、入室カードが利かない。チェックアウト扱いになったようだった。

帰りのバスの中で、こちらにきて初めて蚊をみかけた。気を緩めてはいけない。

椰子の実のなる様子。

広告