カッシーネの朝市、美術館巡り

2019年11月19日カッシーネの朝市

トラムに乗ってカッシーネの森に。週に1日の朝市は食品、衣類、日用雑貨、土産物を並べたテントが延々と並ぶ。観光にはイマイチ。

この日は曇天。一日中、今にも降り出しそうではあるが、昼ころ少し降られただけ。 カフェで雨宿り。

アカデミア美術館でミケランジェロのダビデ像を観る。

2019年11月19日アカデミア美術館

2019年11月19日ベッキオ宮

ベッキオ宮の大広間は以前の国際会議で市長さんの歓迎のあいさつを受けたところ。その時は他の部屋は観ずに終わったので、博物館としては初めて観たことになる。宗教色がそれほど強くなく、フィレンツェの戦いの歴史が感じられて良かった。

2019年11月19日ベッキオ宮

ウフィツィ美術館の予約は5時から取れたので、一度ホテルに戻り休憩してから出かけた。

2019年11月19日ウフィツィ美術館

回廊にはギリシャ・ローマ時代の彫刻作品が途切れなく展示されている。作品名にA manとかA womanとかが結構あって、むしろ身近に感じられる。 2019年11月19日ウフィツィ美術館

2019年11月19日ウフィツィ美術館

フィリッポ・リッピ、ボッティチェリ、ダ・ビンチ、ラファエロ、、、、知っている名前だけでも数えきれない。既に閉まっているカフェからドゥオモが幻想的に見える。ティツィアーノは見逃したかと思うあたりにあった。

2019年11月19日ベッキオ宮:ウフィツィ美術館から

閉館まで堪能した。 この日はバスも使ったのに、結局21km近く歩いたようだ。

この日の夕食は一番気になっていた魚介のスープ。作る間少し待たされるが、絶品。