大塚国際美術館


2017年7月23日大塚国際美術館にて

少し早くに夏休みを取って、四国鳴門へ。JALパックで大塚国際美術館入浸りの計画。

日曜朝7:05羽田発、徳島空港でレンタカーを借りて9時過ぎには鳴門ウチノ海総合公園に着く。この日は11時過ぎに大潮の渦潮が見られるので、まずは「うずしお観潮船」に乗ることにする。時間待ちの間に「堀越海峡」を橋から見下ろす。ウチノ海に流れ込む潮の速さに驚く。


うずしお観潮船から見る、鳴門海峡一杯に潮の流れの速さ、いたるところにできる渦の激しさは半端ない。想像以上だった。

午後、大塚国際美術館へ。古代から順路を辿って見始めたが、バロックあたりでギブアップする。システィーナ礼拝堂から始まる実物大の迫力は予想通りだった。

月曜日、美術館は休館。宿から目の前に広がる千鳥ヶ浜を散歩して帰るつもりが、すぐ近くに見えるお茶園展望台まで歩くつもりで急坂を登る。展望台からは大鳴門橋が間近に見え、海峡を挟んで淡路島が広がる絶景。

ここまで来ればほとんど鳴門公園内。そろそろ干潮の時刻なので、そのまま渦の道に。大鳴門橋から見下ろす渦は船から見るより迫力があったかもしれない。

午後は徳島市内に足を伸ばし「藍染工芸館」に。予約もなくふらりと行ったのに丁寧に教えてもらった。ハンカチとTシャツを染める。ホテルに戻り、外の水道を借りて洗いを継続。染めるのも大変だが、洗うのも一仕事。

夕方は淡路島にドライブ。帰路、夕刻の海峡を淡路島側から臨む。満潮が近い時刻なので、流れは紀伊水道から瀬戸内海方面になっている。こちらは渦はあまりできないようだが、流れの速さ、轟音は迫力がある。

火曜日は朝から大塚国際美術館に。近代を中心に観る。マネ、ルノアール、モネ、、、。個人的にはこのころの絵に最も心惹かれる。絵からかなり離れて観る方が良さそう。「日傘の女(左向き)」にはときめきを感じてしまった。光を描いた、と言うのが実感できる。

午後は、瀬戸内海に沿って香川県琴林公園までドライブ。小豆島を間近に見る松林の海岸でしばし海水浴を楽しむ。クラゲが多かった。道すがら「ばいこう堂」本店でお土産に和三盆を調達した。


水曜日は大塚国際美術館の開館を待ちわびて、印象派の絵を鑑賞。

帰路は、徳島市内の阿波踊り会館から徳島市内を一望にする眉山に登る。

今回は青空には恵まれなかったが雨にやられることもなく、快適な旅だった。宿は大塚国際美術館近くの鯛丸海月。リニューアルしたばかりの綺麗なホテル。名前の通り、朝夕鯛を堪能した。

15:30少し過ぎに徳島阿波踊り空港発。買い物をして18時には帰宅。

シーカヤック

2016年9月30日観音崎にて

観音崎ホテル近くのLOHAS KAYAK(http://www.kannon-kqh.co.jp/photo/20160807181658.pdf) でシーカヤックショート体験コースを受ける。あいにくの天気だったが、風が収まった午後、2人乗りカヤックを借りることにした。ショップから徒歩2、3分、観音崎ホテルのボードウォークに出て、そこから海に浮かぶことができる。想像以上に波で煽られ、当初は船酔いが心配になるほどだった。それでもカヤックは安定感抜群で、すぐに慣れる。ショップのオウナーに走水漁港の沖まで連れて行ってもらう。途中、浅瀬になっているところがあったりするので、案内がないと難しい。観音崎海水浴場の沖までの往復もし、初めての海体験だったがたっぷり楽しんだ。

今年オープンしたばかりのショップで、HPから偶然見つけてラッキーだった。この夏の天候不順で客足は今一だったそうだが、ロケーションに恵まれているので人気になりそう。次は天気の良い日に行きたいものだ。

リオ 食事

2016年9月5日ホテルの朝食ビュッフェ

朝食は超ワンパタン。コーヒーが美味しかった。スープが欲しかった。

ホテル近くのピザ屋で夕食。サクサク感のあるピザで、気に入って滞在中4食する。

部屋飲み。大規模スーパーで買ったハム、チーズをつまみながら、夜ごとワインを飲む。

近所のハンバーガーショップからハンバーガを、スーパーからスープを持ち帰り。部屋飲みがてらの夕食。

ホテルのディナー。ミニョンフィレが美味しかった。滞在中一番の美味しさ。

決して高くないので、翌日も同じ夕食にする。後から考えると、滞在当初から夕食はこれを食べれば良かった。

ガレオン空港のラウンジで夕食。パスタが美味しかった。

総じて食に困ることはなかった。

 

リオ 夕焼け

9月11日シダージ・ダス・アルテスからのペードラ・ダ・ガーヴェア

手前の大きな建物はショッピングセンター。近くに見えるが、直接行ける道がない。一度、バスターミナルに出て、隣のバス駅まで歩き、迂回するようにして15分くらいかかる。この左手に大規模スーパーがあって、何度も通った。

涼しい日が続いている。一番恐かった蚊もほとんど見ていない。ホテルのロビーで一度、バスで一度、シダージ・デ・アルテスで一度。この翌日から暑くなった。蚊の心配も増えたが、一度も刺されることなくリオを離れることができた。

 

リオ 朝焼け

2016年9月6日ペードラ・ダ・ガーヴェア

まだ時差ぼけが残っている。昨夜は部屋飲みで遅かったのに、朝早くに目覚めた。朝焼けがきれいだ。

一昨日の昼はショッピングセンターでファストフードのスパゲッティ。出来合いの食材を炒めるだけになっていて、まずまずの味。ショッピングセンター近くの大規模スーパで必要なものは安く調達できる。ビールが安い。好きな人にはお得なことだ。昨夜はホテル近くのピザ屋でマルゲリータを食べた。サクサクとした生地でこれは美味しい、お勧め。

ところでホテルはなかなか落ち着かせてくれない。部屋のシャワースペースはガラスの引き戸の合わせ目が広く開いていて、水が外に漏れ出てしまう。自分が何か失敗したようで後ろめたい気になってしまう。予約は日本で聞いていたのと違うクラスで取られていたなど、旅行代理店とすったもんださせられてしまった。これは代理店の責めに帰すべきかもしれないし、結局日本で聞いてきた扱いになったので、ホテルの対応に感謝すべきかもしれない。その後、インタネットのアクセスが設定されていなかったり、朝食のリストが訂正されていなかったりと、やっぱりいただけない。今日は帰ってみると、入室カードが利かない。チェックアウト扱いになったようだった。

帰りのバスの中で、こちらにきて初めて蚊をみかけた。気を緩めてはいけない。

椰子の実のなる様子。

リオデジャネイロ

2016年9月5日Barra地区景色

仕事でリオに。羽田14時ころ発、フランクフルト経由、12時間のフライトを2回繰り返して、早朝5時ころ時差12時間の地に着いた。早朝の到着に関わらず、ホテルがアーリーチェックインをしてくれて、部屋でゆっくりできたのはありがたかった。

羽田空港の国際線ターミナルは近いし、空いているので手続きもスムーズ。フランクフルト空港は広くてトランジットエリアを延々と歩く。リオの空港は早朝でも通関の窓口がたくさん開いていて、入国手続きは早かった。荷物受け取りはなかなか荷物が出てこなくて、30分くらいも待ったかもしれない。ホテルへはタクシー。道路が空いていて30分くらいで着いた。運転手が、あちこちにファベーラがあるのを教えてくれる。

気候は日本の初夏の気配。この日は晴れていて、汗ばむ暑さ。日曜日の午後、店が開く時間を見計らって買い物に出る。ファストフードが並ぶコーナーでエビのクリームスープのパスタを食べる。あらかじめ調理してある素材をまとめてフライパンで炒める方式。まずまず美味しく食べられた。パスタが短く切ってあるところはファストフード。近くの大規模スーパーで、水、ワイン、バゲッド、チーズ、ハムの類を安く仕入れる。ホテルの部屋で広げて飲みがてら夕食にしてしまった。バゲットは細身でなかなかイケる。ナッツも買ったのだが、これはしけっているような触感でいただけない。

異動は専用レーンを走る2両連結のバス。鉄道扱いのようで。プラットフォームのある駅舎をつなぐ。

 

翌朝の日の出。6時半ころ。既に車が多い。通勤のための車なのだろう。

ホテルは朝食付き。ビュッフェ形式で、果物。いろんな種類のパン、オムレツなど温かな食材を含めてメニューが豊富。何気なくポットでサーブされるコーヒーが美味しい。今回は9泊の長丁場だが、飽きることはなさそう。

ホテルと仕事先、その近くのショッピングセンターの移動では危険なところはなさそう。ここまでのところ蚊には遭遇していない。人通りは多いが誰も蚊を心配している様子はなく、みんな肌の露出が多い。少し警戒が緩んできた。街路樹は椰子の木が多い。実をたくさんつけていて、ところどころに落ちた実が転がっている。当たらないように気を付ける必要があるのかもしれない。