Angular 4: From Theory To Practice: Build the web applications of tomorrow using the new Angular web framework from Google. (English Edition)
クリエーター情報なし
CodeCraft
広告

Angular 4: From Theory To Practice

皇居一周ラン

24日土曜日、久しぶりに皇居1周してきた。皇居ランナーが増えて渋滞するくらいになったのに閉口して行かなくなってしまっていた。シーズンの割りにはランナーが少なく、一時のブームは去ったのかもしれない。

いつ以来のことかと調べてみると、どうも2013年4月以来らしい。

朝飯前のランは今も続いている。この日は甘酒135kcalを飲んでから走った。20kmを特にシャリバテせずに走りきれている。

GIMP2

GIMPは高機能・多機能なのだが、使いこなすには新しい概念になれる必要がある。Favicon.icoを作れるようになった。

トリミング:選択範囲だけを保存する手順(覚え):
ファイル・インポート、選択、レイヤー・選択範囲で切り抜き、画像・キャンパスをレイヤーに合わせる、ファイル・名前を付けて保存、ファイル・名前を付けてエキスポート。
選択範囲は変形可能。拡大・縮小で選択範囲を選んで大きさを変え、トリミングする。

壁紙:
4k50xは縦横比16:9で画素数3840×2160。EOS kiss digital Nは縦横比3:2で3456×2304。なので、壁紙用に縦横比を合わせるためには縦1944にトリムする。Dell3008WFPは2560×1600。EOSの写真の縦横比を合わせるためには横2400にトリムする。

Favicon.ico:
正方形にトリミングした後、16×16、32×32、48×48、64×64、96×96に縮小したレイヤを用意して、Microsoft Windows アイコン形式でエキスポートして作成する。

新PC HDMIケーブル

Nuc6i5とUPQ4K50xの接続は、余っていたHDNIケーブルで接続していたのだが、これは随分昔に買ったもので、4Kを通すのは無理だった。アマゾンで500円也の最近のケーブルを調達、交換すると、文字が痩せて読めないと言うことがなくなった。

4K50XはPCモニタではなくテレビ用なので、映像が明るく見映えする設定になっているらしい。PCのモニタとしては調整が必要。映像設定のユーザモードで、明るさ20、コントラスト30に設定した。静止画が今一歩美しくないきらいはあるが、実用上はまったく困らないレベル。

 

新PC

2016年8月27日NUC6i5とUPQ4k50x

 

4k50インチが手の届くところに来たのでディスプレイを新調。2009年に30インチディスプレイを購入して以来なので7年ぶり。4kを駆動するPCがなかったのもあって、PCも新調した。画面左手前の小さな筐体。この中に、skylakeと32GBメモリ、512GBのM2.SDDが入っている。

NUC6i5はグラフィクス、ネットワークなどのドライバのダウンロード、インストールが必要で、起動までにやや手がかかった。ディスプレイの接続は特に問題なし。但し、最初、フォントがやせてしまって、とても読めたものではなかった。インテルグラフィックスの設定から、量子化の範囲をデフォルトから全範囲に変更したら、何とか読めるようになった。

VisualStudio2面とブラウザ2面が楽に入る。快適。

クラウドでできるHTML5ハイブリッドアプリ開発 Cordova/Onsen UIで作るiOS/Android両対応アプリ (Monaca公式ガイドブック)
クリエーター情報なし
翔泳社

OnsenUIの解説が分かりやすい。

AngularJS入門の章の例題(白馬の野の花便り)を基に、Cinderella/CindyJSの作図例をアップしてみた。

http://exp4app.azurewebsites.net/cindyOnsen/

スマホ・タブレット前提なので、シンプルで良い。

クラウドでできるHTML5ハイブリッドアプリ開発

CindyJS

幾何作図ツールシンデレラは、HTMLに埋め込まれてWEBで表示可能なCindyJSのコードを作成できる。

基本的な作図例を作成して、Azureサーバに載せてみた。シンデレラで作成した図形の構成要素、構成方法が保存されている。移動可能な要素を移動しても図形の構成情報が保存されるており、動かすことで作図意図が直観的に理解できる。
幾何図形を使ったWEBページの作成に適している。

シンデレラの作図機能が完全にはサポートされていないが、おいおい機能追加されるらしい。
円以外の二次曲線はまだサポートされていないらしいのが、やや不満ではある。